過去ログ

青汁くん日記

遠藤青汁新潟センターは、地域の自然と住人にささえられて、地域と共に生きています。
胎内市を中心に地域の情報をお伝えします。


2020/06/02(火)
さつまいも定植

松田です。
昨日は、さつまいも定植とケールの仮植①草刈りと畑三昧の1日でした。おかげで、夜は「バタン、💤…」でした。
カッコウとキジの鳴き声聞きながらの畑作業、体は疲れましたがしばし、コロナ騒ぎを忘れていました。

写真①②さつまいもの植え付け


2020/05/30(土)
青汁農園

松田です。
昨日はさつまいも用の畝作り終わり、月曜日に植え付け予定です。うまく育ったら、青汁愛飲者の皆さんに収穫体験を考えています。

写真①②畝作り 中古トラクター助かってます


2020/05/24(日)
カエルの声がまだ聞こえない?

松田です。
5月も下旬になって、やっと気温が上がり始めています。が・・・会社前の、5月始めに田植えが終わった田圃から、いつもならうるさいくらいのカエルの大合唱がまだ聞こえてきません。神社脇の林から「ケーン、ケン」というキジの鳴き声が鳴り響いていますが。
この時期は、苗作りに追われ忙しくしています。夜は布団に入り、「宿無し弘文」を読みながらバタンです。自然のまま、生きたいなあと、思いながら。
写真①会社前の田圃、向こうには櫛形山脈②ケール苗、2週間毎に播種しています


2020/05/17(日)
無花果

松田です。
我が家の無花果(バナーネ)は、いつの間にか沢山の夏果をつけていました。植物で季節を感じられ、また収穫が楽しみです。
ところで5月の天気もおかしな具合です。田植えの時期は、水田に水が入るとカエル達の大合唱が始まるのですが今年はそれがありません。とにかく気温が低く、ケール苗の育ち遅く気をもんでいます。この先の気象情報には目がはなせません。
でも早朝からの畑作業は気持ちがよく、しばしコロナ騒ぎを忘れています。

写真①バナーネ②6月から収穫予定のケールは生育が遅れています


2020/05/09(土)
耕運終了!

松田です。
昨日は快晴の中、6月植えの畑の耕うん完了しました。
青空の下、心地よい風、トラクターの後ろには掘り起こされた虫類を食べに鳥たちが集まってきました。
しばし「コロナ」の単語を忘れたひとときでした!

写真①②耕うん


2020/05/03(日)
第一圃場、片づけ完了!

 巷では連休ですが、青汁原料の栽培で心地よい汗をかいております。
遠藤青汁を新潟で提供始めた17年前は、とにかく1年間「生葉」をきらさず作ることでした。胎内市は、チューリップやたばこの産地でしたので栽培技術のレベルがが高い農家の方が多く、ケール栽培の暑気段階でとても助けられました。
 その後、安定供給からより質の良い「ケール」を目指しての栽培へとレベルアップを図っています。そのため現在は、約2ヶ月毎に定植を行い、50aの圃場を季節によって作付け種類を変えたりもしています。
 5/1の作業は人力でケールの引き抜きと片づけ終了しました。これからは、播種、仮殖、定植を順次繰り返していきます。新型コロナウイルスの影響が今後どうなるなるのか分かりませんが、植物栽培は今の作業が3ヶ月、6カ月先の収穫につながるので作業を黙々と続けるしかありません。
 今年度はケール以外の野菜も植えつけ予定で、夏以降には青汁ご愛飲者様には畑に遊びに来られるように準備だけはしておきたいと思います。またご案内致しますのでお楽しみに!
写真①②片付け作業。ジョギング不要になる程の運動量で、一石二鳥です。


2020/04/29(水)
かたづけ

安倍首相の働き方改革のお陰で、怠け者の私ですが休み無しに働けて幸せに思っています。
ちまたはコロナ騒ぎですが、私は粛々と予定通りのケール栽培の作業を行っています。わが社も営業は三島木、製造は田村という有能なスタッフに恵まれ感謝です。社長の私が原料作りに専念できるからです。遠藤青汁は、原料が命ですので!
今日は、一人で第二圃場の夏植ケール引き抜き、かたづけ終了。62才ですが青汁パワー健在❗遠藤博士と両親に感謝しながら、畑作業で汗をかくのは気持ちいいですね。今日はジョギング不要です。ビールが美味そう❗
写真①②背丈ほどのケールの引き抜き、かたづけ


2020/04/24(金)
ケール畑

 今年の天候は本当にわからない天気が続いています。
 とにかく気温が低く、ケールの育ち具合の計算がなかなかできません。今日も最高気温が10℃くらいで、朝の収穫は手がかじかみました。
 昨年の7月植えのケールはほぼ花が咲き始め、終わりに近づきました。今日は、午前中近さんと2人で引き抜きを始めました。雨合羽を記て2時間くらいで1200本引き抜きしましたが、汗をかかないくらい風が冷たく肌寒い日です。連休明けには耕運して植え付け準備に入ります。
 モンシロチョウも先週からチラホラ飛び始めましたが今週の寒さで見られなくなりました。虫さんも大変ですね。4月からのシフト変更で、畑作業に時間がとれるようになりました。ケール以外の作付いろいろ検討しています。青汁便の活用を図りたいと思います。

写真①ケールのひ抜き作業 ②11月植えの春取り用ケール寒さで成長がやや遅れ気味です。


2020/04/15(水)
ケール花芽摘み

松田です。
連日、温度差が10℃位の日が続き体調管理に苦労しています。
早朝からケール葉の収穫とケールの花芽摘みしていますが、この時期に手が冷たくて「かじかむ」というのは初めてです。
でも、寒暖を繰り返しながらも季節は移っています。
遠藤青汁のケール畑も昨年の7月植えのケールは花芽が出始めていまがとり頃です。例年ですと、テントを張って試食用も用意して「花芽祭」を開催していましたが、摘み取りのみでご案内しています。
毎日、1~3組の方がお見えになっております。
20日くらいまでの予定です。お電話いただいてお越し頂ければ幸いです。
①ケール花芽 ②モンシロチョウが飛び始めました。


2020/04/01(水)
春きたる

松田です。
会社の真ん前にある胎内市築地の弥彦神社境内には、数本のソメイヨシノがあり地域の人達に春の訪れをピンクの花びらで知らせいます。
その開花日を私は手帳にメモしていますが、本日開花しました。ちなみに昨年は4月5日でした。でも今年は春の訪れを手放しで喜べない雰囲気が漂っています。
でも季節は、人間社会の騒ぎをよそに変わりない時を刻んでいますね。
写真①弥彦神社②桜の開花


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
++閉じる++
[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.10